ストレッチの勉強を始めています

こんにちは。今日ちょっと肌寒く感じる葉山です。

さて、先日のブログでもお伝えしました通り、ストレッチの学校へ通い、勉強を始めています。
何でストレッチに興味を持ったか、については以前にも書いたと思いますが、学校に通いストレッチの効果を勉強すると、ストレッチは日本人の体に合ったトレーニングの一種なのではないか、と気づかされます。

日本人は農耕民族で、もともと体が丸まりやすいようにできているそうです。
昔は着物の帯やたすき掛けで体が丸まり過ぎないように押さえていたものが、
洋服の文化になりそれがなくなったこと、加えてパソコンやスマホなどの普及、運動機会が減ったこと、今の教育や考え方が、運動より勉強を優先するようになった事、などから、もとより姿勢が崩れやすい日本人にとって、それがどんどん加速するような傾向にあるようです。

姿勢を正す事は、大して大事なことではないように感じるかもしれませんが、姿勢を正す=骨盤を起こす=背骨を起き上がらせる=胸が開き呼吸がしやすくなる=酸素が沢山取り入れられるようになる=血流が良くなる=代謝が上がる=痩せやすくなる、などのことや、姿勢を正す=姿勢保持筋が発達してよい姿勢を保てるようになる=必要な筋肉が備わり美しい体になる、など、とても大事なことなんですね。

そして姿勢を正すためには、筋肉を柔軟にしなければならないと思います。そのために、ストレッチをして筋肉を柔軟にすることが大切なのではないか、と考えています。
万年肩こり、腰痛の方のお役にも立てればと思いますので、知識と記述をしっかり体に入れ込めるように頑張ります。

コメント


認証コード2231

コメントは管理者の承認後に表示されます。